ハーベスト保存缶を開封してたべてみました




今回は、ハーベスト保存缶をご紹介!

ご存知の方も多い「東ハトのハーベストセサミ」の保存缶バージョンです。

参考価格として、今回はアマゾンで税込432円で購入。

 

右から、パンの缶詰(缶deボローニャ)、ビスコ保存缶、ハーベスト保存缶。

家に届いて商品をみると、思ってたより大きくてビックリ!

ビスコ保存缶を見た時も大きいと思いましたが、まさかそれ以上とは・・

大きくても中がギッシリならいいのですが、スカスカだったら問題です。

非常持ち出し袋のスペースは限られていて、無駄なスペースがあってかさばるものは出来るだけ入れたくないですからね。

スカスカだったら、災害が合ったとき咄嗟に持ち出す「非常持ち出し袋」には入れず、落ち着いたら取りに来る「二時持ち出し袋」などに入れることになるでしょう。

ちなみに、ビスコはスカスカだったので、非常持ち出し袋には入れずに保管庫に備えています。

さて今回はどうなるでしょうか?

 

プルトップなので、缶切りを使わずに手で開封できました。

 

さて中身はどうでしょうか?

う~ん・・案の定スカスカですね。

 

ハーベスト4枚入りの袋が、上の段に4袋、下の段に4袋、計8袋入っていたのですが、、

上下5袋ずつは入りますねこれは。もったいない。

価格を上げてでも、ギリギリまで詰めて欲しいですね。

そうすれば、携帯性のコスパがあがって、いい非常食になるはずです。

今のままなら、非常持ち出し袋に入れるお菓子は、無駄なスペースがまったくと言っていいほど無い、「えいようかん」を入れますね。

 

1袋4枚入りです。

写真のハーベストは割れていますが、かじった訳じゃありません。

4枚に1枚ぐらい、割れてるみたいです。

しっかりとした缶に入っていてもこうなっちゃうんですね。

中には4枚無事生還している袋もあるのですが、逆に3枚ぐらい割れているのもあります。

まあ割れてても味は変わらないので、粉々じゃなければ許容範囲ですね。

それでは、いただきます。

うん。美味しい! 甘さとしょっぱさが交ざったビスケット。

生地に練り込んであるゴマの風味もよく効いていてGood!

厚さ3mmの生地はサクサクっとしていて、とても食べやすいです。

硬いものが苦手な方にもよさそうで、子供からお年寄り、幅広い人におすすめです。

ただ、赤ちゃんにはどうでしょうかね?

赤ちゃん噛む力でも砕けるぐらい生地はもろいのですが、口の中で砕けたビスケットの尖っている部分が口の中にあたると痛い時があるのでちょっと心配です。

大きくなったお子さんや、大人にはなんてことないんですけどね。

ですので、赤ちゃんにオススメするとしたらビスコですね。

ビスコは口の中で鋭利にならず、すぐに溶けますからね。

一口食べると癖になって、あっという間に一袋完食。

ハーベスト保存缶。美味しかったです。

といっても、ご存知の方も多い通常のハーベストセサミと同じ味です。

保存缶になっても変わりません。

ビスケットやハーベストセサミが大好きな方にはオススメの非常食です。

ただ、非常持ち出し袋に入れるにはスペースのコスパが悪いです。

ですがハーベストが大好きな方なら、スペースのコスパが悪くても非常持ち出し袋に入れるのはアリだと思います。

避難時に好きなものを食べられる事は震災のストレスを和らげるのに、とても良いことですからね。

小さいお子さんのメンタルケアにもとってもいい非常食でしょう。

ただ私の場合はコスパを優先するので、ハーベスト保存缶は家の保管庫か二時持ち出し袋に備えます。

 

透明の蓋が付いているので食べ途中も衛生的です。

ただし、缶を開封したら賞味期限は切れますので早めに食べましょう。

以上、ハーベスト保存缶のレビューになります。

アマゾンでハーベスト保存缶をみる

 

おすすめの非常食を厳選しました