やわらか五目ご飯を食べました!そのまま美食ご飯シリーズ




今回、ご紹介する非常食は、

日本フードマテリアルから発売されている「そのまま美食ご飯リーズ やわらか五目ご飯」です。

ご飯の非常食といえばアルファ化米ですが、食べるためには水を注いで調理が必要です。

ですが、今回の「やわらか五目ご飯」レトルトのご飯で、封を開けてそのまま食べれるとのこと。

しかも、新含気システムとかいうもので、アルファ化米と同じ5年の賞味期限があると言います。

これをネットで知り、だったらアルファ米は必要ないのでは? と興味がわいたのですぐさま注文したという次第です。

 

今回は、ライバルになるであろう人気のアルファ米「尾西の五目ごはん」と比べながらレビューします。

 

非常食は避難所などに大量に持ち運ぶ事も考え、コンパクトで軽量であることも大事です。

この2つを比べてみると、袋の大きさはあまり変わりませんが、厚みが若干「やわらか五目ご飯」の方があり、重さも水分を含んでいる分、若干重いです。

ですが、この程度の違いです。

「やわらか五目ごはん」の方は、すでに調理済みなので、もっとかさばるものだと思っていましたが以外にコンパクトでした。

アルファ米の方は水も用意しなければいけませんので、非常持ち出し袋などにいれるときは、さらにかさむことになります。

ですので、少し重くてかさばるだけで、余分な水を持たなくてよくなるなら、携帯性という面では「やわらか五目ごはん」の方が優れているでしょう。

 

こちらは「やわらか五目」ごはんです。

開封するだけであとはやることはなく完成です。

今回は茶碗に盛りましたが、袋がスタンドパウチになっていて、お皿代わりにもなります。

水いらず、調理いらず、皿いらずで、確かにすばらしいのですが、、

「やわらか五目ごはん」やわらかが想像以上でした。

もっちもちです。

おかゆとは確かに違う、ごはんなのですが、水分がスゴイです。

袋からお皿に移すのもベトついててちょっと手間取りました。

 

続いて「尾西の五目ごはん」です。

アルファ米の作り方は尾西のドライカレーを食べてみたを参考にしてください。

今回は水で作ったのですが1時間待つのは長いです。

何が起こるかわからい非常時にはササッと食事を済ませたいものです。

こちらもお皿に移したのですが、さきほどとは反対にベトつかず、ゴロンとひとかたまりで袋から出てきました。

 

写真でも多少わかると思うのですが、やわらかいご飯と硬いご飯の対照的なものが完成しました。

それぞれの量ですが、

見比べてみると左の「やわらか五目ごはん」の方が少なく見えますが、やわらかいからそう見えるだけで、実際は、

やわらか五目ごはんが280g

尾西の五目ごはんの出来上がり量が260gで

「やわらか五目ごはん」の方が若干ですが多いです。

 




スプーンは袋の底にテープで止めてありました。

アルファ米の方は袋の中に入っています。

 

それでは肝心の味ですが、

両方共、ダシがきいていてまぜごはんを味わうことは出来ました。

違いは、「やわらか五目ごはん」の方が濃いです。

米にまでまんべんなくダシが染み込んでいます。

アルファ米の方は、小さく刻まれた具から味が染み出ているようで、ごはんは薄味でした。

 

具ですが、

「やわらか五目ごはん」の方は、アルファ米の乾燥させた具より、竹の子、ニンジン、レンコンが生き生きしていて、サイズも大きかったのですが、量が少なかったです。

反対に、アルファ米の方は、具はとても小さいのですが、ふりかけみたいに、ご飯ぜんたいに散らばっていました。

 

そして、1番の大きな違いと決め手は、食感、硬さです。

「やわらか五目ごはん」は、やわらかめのごはんではありません。

まだ上手に噛むことが出来ない赤ちゃんにあげるご飯ぐらいやわらかいです。

決して不味いわけではないのでしょうが、硬めのご飯が好きな私には向かないようです。

反対にアルファ米の方は、しっかり60分まったのですが、やっぱり熱湯じゃなくて水だからでしょうか? 完全にご飯に戻っていないようなパラパラとした感触が残っていました。

ですが、これは私にとっては苦にはなりませんでした。

レトルトとアルファ米、それぞれ一長一短ありましたが、わたしはこのやわらかさがどうもダメみたいで、これを非常時の主食にする気にはなれませんでした。

これからもアルファ米を備蓄していこうと思いました。

ですが、やわらかいご飯のほうが好きな人もたくさんいます。

その中で、ここまでのやわらかさを許容できる人には「やわらか五目ごはん」はおすすめです。

アルファ米はやっぱり手間がかかりますし、水も余分に準備しなくてはなりません。

わたしも、「やわらか五目ごはん」がもう少し硬いご飯だったら、間違いなくアルファ米を止めていたでしょう。

わたしにとっては、今回はざんねんでしたが、やわらかいほうが好きという方は、試してみる価値は十分にあると思います。

ちなみに、この「やわらか五目ごはん」は、日本災害食大賞の新製品部門で優秀賞を受賞しています。

日本災害食大賞は、どの部門でも本当に優秀な非常食ばかりが入賞していてる信頼できるイベントです。

「やわらか五目ごはん」は、硬いご飯が好きな方にはおすすめできないだけで、決して悪いものではないということです。

そして、特定原材料27品目不使用の数少ないアレルゲンフリーの非常食でもありますので、アレルギーにお悩みの方も、ぜひご検討してみてくださいね。

入手方法なのですが、現時点では、アマゾンでは取扱なしで、楽天市場で取り扱っていました。

アマゾンでやわらかご飯をみる

追記 アマゾン取扱いました

公式サイトからも通販できるのですが、法人向けに作られたようなサイトでした。

個人で少量の注文もできるのですが、楽天の方が送料が安かったです。

現時点でですが、公式サイトの送料は650円で楽天の取扱い店舗は486円でした。