尾西のミルクスティックのレビューを紹介!味見しました




今回ご紹介するのは、今や非常食の定番となっているアルファ米を日本で1番売っている「尾西食品」より発売されている「尾西のミルクスティック」です。

ミルクスティックというのは聞き慣れませんが、牛乳と砂糖を混ぜて固めたミルクバーで、「ごはん」というより「おやつ」ですので、非常食にお菓子も加えたいと思っている方は参考にしてみてください。

尾西食品から発売されている非常食シリーズ共通のこだわりで、パッケージの右上にはとても大きく賞味期限が印字されています。

こういう心遣いはNiceですね。

これだけでも全国で食品事故が減るでしょう。

「プレーン」と書かれていますが、プレーン以外の味はないようです。

 

開封するとミルクスティックが8本、というより8枚ですかね、入っています。

1枚ずつ袋に入っているので、開封後の衛生面を気にすることなく、自分のペースで食べることができます。

そして、非常時はシェアする機会が普段より多くなりますが、これなら分けやすいですね。

写真ではわかりづらいですが、一枚だけ開封前にすでに割れていました^^;

粉々ではないので、そこまで問題ないのですが、外袋の上からでも強い力がかかると簡単に割れてしまうと思うので、備蓄する際は上に重たいものは乗せないようにしましょう。

 

ミルクというので、もう少しやわらかいものを想像していたのですが、触った感触は飴玉をうすく引き伸ばしたような感じでカチカチです。

片手でも力を加えるとパキッと割れてしまいます。

 

ミルクスティックの長さは約8cm、薄さは約3mmです。

 

食べた感想

三分の一ぐらいの長さの所を噛んで割り、口に入れてみて思ったのは、これは噛んで食べるものなのか? はたまた舐めて味わうものなのか?といった疑問なのです。

わたしは飴をなめるとき飴玉が小さくなると噛みたくなるたちなので、噛んでみると、小さくなったアメを噛む時ぐらいの強い噛みごたえがあり、ボリボリというかわいいものではなく、バリバリといった感じです。

うすい飴をかじってるみたいに感じたのですが、

口の中で小さくなった破片は、飴よりもずっと口溶けがよく、破片が溶ける時、濃厚な甘いミルクの味が広がります。

練乳を思わせるような強い甘さに、しっかりと牛乳の風味が混ざっていて、とても美味しいです。

甘いお菓子はリラックス効果があり、非常時の心の栄養とも言われるのですが、

ただ甘いだけではなくミルク感が強いため、とってもやさしい味で、非常時にはさらにリラックスできる気がします。

噛まずに舐めて食べてみると、濃厚だった甘さやミルク感が、ほんのりとした味わいになります。

ミルクスティックが薄いせいか、舐め続けていると、やっぱり無性に噛みたくなります^^;

耐えきれずに噛むと一気に濃厚な甘いミルクの味が広がって、おいしい。

今まで、この手のお菓子は食べたことがないので新鮮でした。

そして、普通に美味しかったので、お菓子の非常食を探している方にはおすすめできます。

価格も安いので、ついで感覚で1つか2つ備蓄して非常食の幅を増やすのも良いと思います。

1本(6g)で25kcal、一袋、200kcal。

ご飯ではなくお菓子ですが栄養面もすぐれており、高タンパクと豊富なカルシウムが売りです。

1本あたり

タンパク質0.9g

脂質0.5g

炭水化物4.3g

ナトリウム13mg

カルシウム31mg

注意するアレルギー物質は商品名のとおり「乳」になります。

賞味期限 製造日より5年

アマゾンでミルクスティックをみる

非常食セットならこちら!